2017年2月16日:チャリティイベント「第2回ワインを楽しむ会」が開催されました。

2017年2月16日 第2回ワインを楽しむ会が開催されました。

日時 2017年2月16日 12:00〜
場所 五反田 レストラン Les Halles(レ・アール)にて

2017年2月16日、暖かな良いお天気の中で「2010オリーブの木16th Event ワインを楽しむ会」が行われました。 
第1回目の「ワインを楽しむ会」では、グラスの違いによるワインの味わいを確かめていただきました。
第2回目の今回はみなさまからのご要望が多かった「ワインテイスティング」です。
これからの季節にピッタリな爽やかさとフルーティな味わいを楽しめる「白ワインのテイスティング」についてレクチャーをさせていただきました。

今回ご用意した白ワインは3種類。

 1. フランスロワール地方の爽やかですっきりとした味わいの「Muscadet Seve et Maine」=ブドウ品種ミュスカデ
 2. フランスブルゴーニュ地方のややコクのある味わいの「Bourgogne Blanc」=ブドウ品種シャルドネ
 3. フランスラングドック地方の華やかでフルーティな「Les Aires」=ブドウ品種ヴィオニエ

テイスティングでは外観、香り、味わいを注意深く見て、感じて、味わって、そのワインが持つ個性と自分の中での酸味・甘み・苦み等を分析していくプロセスを体験していただきました。
ほとんど外観は変わらない3種類の白ワインが、味わってみるといろいろな味がして、その違いにみなさん驚かれていらっしゃいました。

今回のワイン会の会場は、五反田にあるレストラン「Les Halles(レ・アール)」。
フレンチビストロなので、白ワイン3種はすべてフランスのワインをチョイスし、白ワインに合うオードブルをシェフに作っていただきました。
少し酸がしっかりしているミュスカデに合うエスカベッシュ、豊かな味わいのシャルドネに合うテリーヌやパテ、華やかな味わいのヴィオニエはデザートのプリンともぴったりで、みなさん料理とワインのマリアージュを楽しみながら和気あいあいの会となりました。

普段はワインをあまり飲まないという方や白ワインより赤ワインが好きとおっしゃる参加者もいらしたのですが、お帰りの際には「とても勉強になり、ワインを飲むのが楽しくなりました」「ワインを飲む際の新しい発見を教えていただき、赤ワインも楽しみにしています」などの嬉しいお言葉の数々も。

これから春、夏に向かい、白ワインを美味しく飲んでいただけたら、エキスパートとしても大変嬉しく思います。

ワインエキスパート
赤羽敦子
 
写真はクリックで拡大できます。

 

Scroll Up