支援先情報

* 特定非営利活動法人 福島県の児童養護施設の子どもの健康を考える会

福島市の児童養護施設を訪問した看護系大学の一教員が、施設の子どもたちの被ばくによる健康への影響を心配し,大学の職を辞して2012年2月に立ち上げた会です。
独自に児童養護施設の放射線量を測定し、低線量被曝下の子どもの健康被害の発生予防と早期発見・治療の必要性を認め、子どもの健康に寄与する様々な活動を展開しています。

また、将来にわたり施設の子どもたちが被爆による不利益を被ることのないように、あらゆるケースを想定し健康手帳を作成しました。18才で施設を卒業した後にもし健康被害が出ても、健康手帳のデータをもとに正しい治療や保障を受けられるように作られています。現在はその健康手帳が紛失した場合にも記録が分かるように、電子化システムを開発し施設にて保管する事も進められています。

サイト: http://www.fukujidou.org/

image31



* 保養ネット・よこはま

2012年の支援先『こども未来プロジェクト・横浜』の経験者が2013年に立ち上げた団体です。2013 年から毎年8 泊 9 日 の日程で、福島からの主に幼児のいる家族の保養に、伊豆河津町の古民家を提供しました。保養とは、安全な場所で安全な物を食べ、しっかり休養をすること。日程を 9 日にした理由は、1歳児の体に蓄積された放射能は 9 日の保養で半減すると言われているからです。小さな子供ほど保養の効果があるそうです。保養の運営費は、カンパで賄われています。また近年、保養家族の母親たち自ら保養の意義を再認識し、参画に関わってきています。

ブログ: http://ameblo.jp/ecofukiko

IZU2


*福島子ども・こらっせ神奈川

福島の子どもたちの保養活動をサポートするために、2012年4月に設立された団体。夏休みに楢葉っ子(福島第一原発から20キロに位置し、今なお帰還問題に揺れている楢葉町の小・中学生)を神奈川に招待し目いっぱい遊んでもらい、学習も行う『リフレッシュプログラム』を2012年より継続して行なっています。
“2010オリーブの木”は、2013年、2014年8月の『横浜・山北リフレッシュプログラム』、2015年8月の『神奈川リフレッシュプリグラム』を支援しました。「こらっせユース」の大学生たちが福島を訪れ、楢葉町営の学童保育をお手伝いする活動もスタートさせています。また、『移動教室』の実現に向けて政府への働きかけなどもしています。

2015こどもこらっせチラシ表 2015こどもこらっせチラシ裏


*公益財団法人 震災復興支援放射能対策研究所

東日本大震災・東京電力福島第一原子力発電所事故災害における放射能汚染の影響と、食品摂取の内部被ばくに関する研究と検査を実地しています。将来ある子どもたちの健康を守り、不安を払拭するため、希望者すべての検査を無料で行っています。2013年12月にBABYSCAN(乳幼児専用高精度内部被ばく検査装置)を導入し、測定が開始されました.測定結果の数値をどのように読み解いたら良いか分からないと言った不安に、専門の医師が丁寧に相談に乗ってくれるそうです。

サイト: www.fukkousien-zaidan.net


*ザ・ボランティア’95

1995年、阪神淡路大震災の被災者を助けるために全国から集まったボランティア仲間から生まれたボランティアグループです。その後、活動を『アジアの子どもに教育の機会を与えるボランティア』と改め、フィリッピンのサンボアンガの貧村に幼稚園を建て支援を続けています。

2011年、東日本大震災後は、ボランティア団体『ガクつな』を支援し、被災現場でボランティアをする若者の活動を応援しています。

2013年11月フィリッピンを襲った台風ヨランダで壊滅的な打撃を負ったDoong Island (Cebu島の北役60km)の学校を再建するプロジェクトに、現地のカトリック・メルセス修道会からザ・ボランティア‘95へ協力要請があり、“2010オリーブの木”からも支援金を提供しました。資材の高騰や交通の不便さが建築費に影響し、資金面から完成が危ぶまれましたが、校舎は2014年10月に完成しました。
2015年、再建された校舎に必要な机や椅子等の備品を調達するために、再度支援金を送りました。

dedication  vol95b

ドナープレート(OLIVE NOKIと表記があります)

vol95g1vol95f1

新校舎の様子(3教室+トイレ)


*国際サークル友好21

日本永住の外国人の日常をサポートし、「楽しい日本語教室」等の活動を行っています。
支援金は、東日本大震災で被災した日本語学習者やボランティアスタッフに対し、無償で教材を提供する活用から、在住外国人の社会活動への参加奨励や、市民との交流のための活動費として活用されています。

Exif_JPEG_PICTURE

国際サークル2



* NPO法人ハッピーロードネット

『ふくしま浜街道・桜プロジェクト』
福島県相双地区の人々が中心になって設立され、“子どもたちの未来のため”に活動している団体によるプロジェクト。
『30年後の故郷に贈る』を合い言葉に、福島県浜通りを南北に繋ぐ国道6号線及び常磐道・県市町村道に桜の植樹とその維持管理を行っています。
“2010オリーブの木”は10口を寄付し、楢葉町の枝垂れ桜10本のオーナーとなりました。桜に取り付けられるメッセージプレートには「未来に向かって大きくなあれ 心をこめて 2010オリーブの木(東京・神奈川)」と記して頂きました。桜の木の成長が楽しみです。

サイト: www.happyroad.info

桜プロジェクト会員宛レター 桜プロジェクト会員証10枚


* 福島ぽかぽかプロジェクト

実際には放射線量が多いながらも公的措置の対象外の地域に住む親子や妊婦を、線量の低い場所に一時避難・保養させるプロジェクトを実施しています。2013年には福島市内から1時間の猪苗代のシェアハウスを利用して保養プログラムを行い、遠くに行けない方たちが多数参加され、継続して活用されています。


* ひまわり保育園 (宮城県石巻市)

震災の津波で被害を受けた園舎を、2011年11月に大規模修繕し新園舎が完成しました。それに伴う設備補充のために支援しました。


* こどもの未来プロジェクト・横浜

『福島の子どもキャンプin伊豆』
たとえ短い期間でも、汚染された土地を離れ、子どもたちに少しでも違った環境で休養をと、伊豆の古民家を借りてのプログラムに、乳幼児を含む7家族25人を招待しました。運営費は全額寄付で賄われました。

伊豆河津町・保養プロジェクト新聞記事



* キッズルームおひさま (宮城県気仙沼)

東日本大震災で保育園の園舎が流され、子どもたちは幸い全員避難していて無事でしたが、園長さん(理事長)は亡くなられました。しばらくの期間は倉庫を改造した園舎で不自由な保育園生活を余儀なくされましたが、ある篤志家の援助で新園舎が建設され元気な子どもたちの声が戻ってきました。“2010オリーブの木”は園庭の遊具の一部に使っていただくように支援金を贈りました。

2012年5月に“2010オリーブの木”のスタッフ5人は、石巻~気仙沼~一関市と被災地を視察し、「キッズルームおひさま」の倉庫の仮園舎も訪ねました。想像を絶する被災地の様子を見て、細やかでも被災された方々の力になろうとスタッフ全員あらためて心に誓いました。

園児の増加に伴い、園内の備品が不足しがちになり、2015年12月にTV録画装置購入への支援を致しました。里見理事長と先生5人の計6人が、70名の園児を相手に月曜日から土曜日まで働いています。

キッズルーム

キッズルーム2



*福島キッズ実行委員会
福島原発事故による放射能汚染の影響下にある福島の子どもたちに、学校の長期休暇を利用し、汚染地域以外の場所で過ごす機会を与えるプロジェクトを行っています。放射線の不安から解放され、思いっきり野外での活動を楽しみ、笑顔と元気を取り戻してもらう教育プログラムを運営しています。


*ハムリン・フィスチュラ・ジャパン
現在も途上国において、出産時に起る「産科フィスチュラ(ろうこう)」が問題になっています。フィスチュラのために排泄コントロール機能が失われ、糞や尿漏れに悩まされる女性たちのために、治療を無料で行うエチオピアの専門病院“アジス・アベベ・フィスチュラ・ホスピタル”を支援しています。

Scroll Up